「ワセリンの使い方」の記事一覧

ワセリン 効果 あせもには向かない理由

あせもへの効果ワセリン

梅雨から夏にかけて、蒸し暑い日が続くと、赤ちゃんも大人も「あせも」になりやすいです。 ワセリンは傷などの保護に役立つけれど、あせもには効果を発揮してくれるのかしら?

ワセリン 傷に使う湿潤療法とは?

ワセリンを傷につける

日常の「たとえば紙で指を切ってしまった」とか、「転んですりむいてしまった」という小さな擦り傷や軽度のやけどなら、 傷口をお水できれいに洗って、白色ワセリンを塗ったラップフィルムを当てるだけで数日で治ります。 野生の動物は・・・

ワセリンの使い方 顔に塗る方法&保存のしかた

ワセリンつかいかた

ワセリンは皮膚表面に油分の膜を張って角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果と、外的刺激から皮膚を保護するという、ふたつの効果があります。 医薬品の基剤や、化粧クリームのような化粧品などの基剤として使われているた・・・

花粉症と肌荒れにワセリン。一石二鳥の効果を実感

ワセリンで花粉症と肌荒れ効果

花粉症で鼻をかみすぎて小鼻の肌荒れが半端ない! 花粉症さえなければ小鼻が赤くむけて腫れることもなかった…。 こんなとき、ワセリンは花粉をブロックする役割も果たすし、肌荒れしてしまった後のケア、両方に役立つんですよ。

白色ワセリン 顔への使い方と注意点

白色ワセリンを顔へ使い方

わたしは石けん+ワセリンで肌断食を実践中です。 わたし自身は顔に塗るワセリンは「日本薬局方の白色ワセリン」を使っています。 実はワセリンと一口に言っても、いろいろと種類があるので、その種類と顔への使い方について書いてみよ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ