梅雨 肌荒れの原因をスカッと吹き飛ばす方法

六月は梅雨まっさかり。

雨が多くて、洋服も髪も湿りがちだけど、なぜかお肌だけ荒れている!!…と気づいたわたし。

何かこのジメジメした不快感と共に、肌荒れ原因はなんだろう??

スポンサードリンク

梅雨 肌荒れの原因は?

梅雨の肌荒れの原因は温度差と湿度差にあります。

日本の夏は高温多湿。

この梅雨から夏の終わりまで、太平洋側の海から運ばれた、水蒸気を多く含む高気圧が日本を覆いつくすので、とても暑い。

肌荒れ 梅雨
photo credit: Silvia Sala via photopin cc

結果、外は暑くてジメジメして汗が出やすいのに、屋内はエアコンをかけているところが多く、ひんやりと涼しく空気が乾燥しています。

すると、外と屋内との温度差と湿度差にさらされたお肌は、どの環境を基準に皮脂や水分をコントロールしてよいのか?混乱しています。

なので、肌の表面は皮脂量が多いのに、肌の内側は乾燥しているという状態に陥りやすいのです。

さらに、この季節のお肌は、汗の分泌が多くて、お肌も雑菌が繁殖しやすい状態になっています。

また、雨の降るような気圧の低い状態になると、炎症に関わる物質であるヒスタミンが増加すると言われています。

ダニもこうした梅雨の暑くてジメジメとした環境で繁殖しやすくなっています。

梅雨の時期は、こういう悪条件が整いやすいので、ニキビや吹き出物の原因になったりと、肌荒れ以外にも何かとトラブルが多いのです。

また、体全体の血流が「冷え」によって滞ってしまいがちになり、体調も崩しやすいので、できるだけ精神的にもストレスなどを抱えないようにすることが大切です。

肌荒れを吹き飛ばす方法

  • エアコンをできるだけ使わない
  • エアコンを使う場合、できれば「除湿」もしくは温度を少し高めに設定する
  • こまめに洗顔し、肌の清潔を保つ
  • タオルなどで汗をこまめに拭き取る
  • 保湿を心がける

また、肌荒れはセラミドが不足していると言われています。

もともと乾燥肌の人はセラミドが少ないという特徴があり、そのことで、梅雨の季節は特に肌のバリア機能が低下しがち。

梅雨の肌荒れで悩んでいる時は、保湿効果のあるセラミドを取り入れてみるのもいいかもです。

実はこのセラミド、いくつかの種類があり、 中でも「ヒト型セラミド」は、私たちの肌に元からあるセラミドと同じ構造なので、肌馴染みや効果がバツグンなんだとか。



スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ