肌荒れを治す食べ物でみずみずしい肌になる

肌荒れを治すには、勿論、乾燥しないように保湿も大切ですが、乾燥の多くの原因は、実は体の内側にあったりします。

毎日が忙しい、やる事がたくさんある、ストレスが多い、そんなとき、キチンと食べ物を意識して食べていますか?

スポンサードリンク

肌荒れを治す食べ物

忙しいと、楽しいはずの食事も面倒になり、ついつい体の内側のバランスも崩れがちになります。

そこで、食事で肌荒れを治す、予防するたべものを紹介します。

食べ物を意識する事で体の内側の力を強化して、外的なストレスに強い肌にするのです。

食事を意識することは、肌の代謝を上げ、肌の再生(ターンオーバー)を促進して、肌が強くなります。

カサカサと乾燥が進んだ荒れた肌の改善には、肌の潤いや保湿機能をグンとアップさせる「ビタミンA」を摂ることが大切です。

肌荒れを治す食べ物
photo credit: ccharmon via photopin cc

ビタミンAは、肌のターンオーバーを促進するため、健康的で透明感あるみずみずしい新しい皮膚を生まれやすくしてくれます。

ターンオーバーが促進されると、肌循環自体がよくなるので、いろいろな肌のトラブル原因に負けない肌を作り出す事ができるんです。

ビタミンAの入ったおススメの食べ物は、鶏レバー・うなぎ・モロヘイヤ・ニンジン・ほうれん草・かぼちゃなど。

他にはビタミンB2も皮膚の新陳代謝を活発にして、細胞の再生を促してくれます。

ビタミンB2の入ったおススメの食べ物は、アスパラガス、菊、クレソン、レバー、うなぎ、カレイ、さば、ししゃも、卵、チーズ、納豆など。

また、逆に肌を刺激してしまう食べ物は、唐辛子や胡椒などの刺激物。

その他に、スナック菓子とかインスタント食品、脂肪の多い物、マーガリンなどの不飽和脂肪酸の多い物も取り過ぎは良くないと言われています。

体の中から食べ物で肌荒れを治して素顔でも自信が持てるようになりたいなぁ。

ところで、45歳なのに16歳にしか見えない美魔女の水谷雅子さんは、目元や肌が乾燥している時に愛用しているジェルがあるそうです。

それがこちらのリペアジェル。
【送料無料】リペアジェル詳細はこちら

これを塗るとふっくらするんですって!



スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ