花粉症と肌荒れにワセリン。一石二鳥の効果を実感

花粉症で鼻をかみすぎて小鼻の肌荒れが半端ない!

花粉症さえなければ小鼻が赤くむけて腫れることもなかった…。

こんなとき、ワセリンは花粉をブロックする役割も果たすし、肌荒れしてしまった後のケア、両方に役立つんですよ。

スポンサードリンク

花粉ブロック+肌荒れケアの効果とそのやり方

ワセリンで花粉症と肌荒れ効果
photo credit: jesse.millan via photopin cc

なぜワセリンが 花粉症ブロック(予防)に効果的なのか?

まず、花粉は鼻から吸い込むと、空気は肺まで送られます。

その過程で、何か花粉のもととなる異物やゴミなどは鼻の内壁に吸気がぶつかる際に、一部は鼻毛やその周辺に吸着されます。

しかし、残りの体内に入ってしまったアレルゲンは、体内に吸収されてアレルギーが発症します。

もし、鼻の入り口でたくさんのアレルゲンをブロックすることができたら、体内へ吸収される数が減るので、花粉症を和らげることができます。

そこでワセリンを鼻の周りや粘膜に少量塗っておくことで花粉の侵入を防ぐ事ができるんです。

わたしもこの時期、外出にはマスクが欠かせませんが、それは外から鼻や口に入ってくる花粉の量を減らすためなんですね。

でも、場所によってはマスクができなかったり、失礼になったりする場合があります。

たとえば、結婚式などお祝いの席。(結構、春などは多いんですよね〜)

華やかな席にマスクはちょっと場違いな感じがしますし。

あるいはこういう特別なシチュエーションではなくても、絶対、食事時にはマスクをはずすこともあるでしょう。

そういうとき、ワセリンでかなり花粉をブロックすることができるんです。

ワセリンが花粉症にいい根拠は?

ワセリンが花粉症ブロックに鼻に塗るとよいという根拠は、実は、花粉症専門の医薬品でワセリンを基剤に使われている製品があるからです。

こちらの商品がそれです。フマキラーのもので薬局で販売されています。

こちらは純度の高い精製されたワセリンを数種配合したものです。

この商品は、こんなふうに説明書きされています。

眠くならない。

花粉鼻でブロックは医薬品ではありません。

軟膏の基剤やリップクリームに使用されている基剤をさらに精製したものであり、人体には作用しないことが確認されております。

香料や防腐剤等は含まれておりません。副作用もなく他の医薬品(内服薬)との併用も可能です。

運転中や仕事中、勉強中にも最適です。医薬品ではないので妊娠中やお子様も安心して使用できます。

肌が弱い方や心配なかたは、このワセリンから作られた「アレルシャット」を使ってもいいですし。

わたしのようにワセリンをスキンケアやリップクリームとして既に使っていて大丈夫な人ならば、そのままワセリンを使う要領で鼻の中に綿棒で薄く塗っても、ほぼ同じ効果は得られます。

あと、4時間ほど経つと効果が薄れるので、こまめに塗り直すこともおススメします。

そして、たくさん塗りすぎて、呼吸ができないくらい鼻の穴を詰まらせないように注意してください。

また、ワセリン自体は医療の現場でもやけどや皮膚疾患などの治療にも使われているので、

肌荒れで、肌を健康な状態に再生したいとき、体の持っている回復力が戻ってくるまで、ワセリンは肌を保護してくれます。

ワセリンはまさに花粉ブロックと、花粉で鼻をかみすぎたりしてただれたり荒れたりした肌の保護と一石二鳥の効果があるんです。

ワセリンでわたしの花粉症はどうなったのか?

花粉症の効果ワセリン
photo credit: v@lentina via photopin cc

わたし自身は以前なら、花粉症の薬を飲まないと鼻水がすごくてどうしようもない感じでした。

しかもスギ花粉だけじゃなく、5月の雑草のときもひどくて、ついでに10月あたりもひどくて、ほぼ1年の半分は「鼻炎薬を飲んでいる」という感じでした。

でも、鼻炎薬を飲むと、鼻水も止まるけれど、唾液の分泌も止まるのか、喉が渇いて仕方が無い。

おまけに、眠くて体もだるくて、ぼんやりしてしまって思考回路まで停止する。

一年のうち半分も鼻炎薬を飲んでいるものだから、正直「この薬の副作用で体が悪くなってしまうのでは??」…という不安感がありました。

現在はおかげさまで、このワセリン+マスクで、一度も鼻炎薬を飲んでいません。

たしかに花粉に反応して、鼻水はまだまだ出ます。(体に蓄積されたアレルゲンはそうそうは無くならないですものね)

でも、「飲み薬で抑えなければいけないほど」ではなくなりました。

個人的な見方でしかないのですが、花粉症が随分軽減された!と思っています。

勿論、外出から帰ったら、顔を洗ったり、衣服を取り替えたりということもしています。

ワセリンなら医療機関で使われている安全な基剤です。

できるだけ体に安全なもので花粉症対策をできる!という観点ではワセリンはおすすめです。

スポンサーリンク

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ