ワセリン 顔や手がベタベタするときの落とし方

わたしはワセリンをスキンケアとして顔に塗っています。

確かにワセリンは安価なのに、しっかり乾燥から肌を守ってくれるみたいで、肌が変わりました。

でも、正直、塗りすぎるとちょっと石けんで落ちにくいという欠点もあるんですよね。

スポンサードリンク

顔に塗ったワセリンのベタベタを落とす方法

ワセリンの落とし方
photo credit: hellabella via photopin cc

ワセリンを実際に顔に使ってみて思うことは、なかなか固くて伸びにくいこと。

塗りすぎるとテカテカになるので、石けんで落とそうとすると、そのベタベタ感が手や顔に残っていて気持ちが悪いのです。

石けん+ワセリンを推奨する宇津木式スキンケアでは、「石けん洗顔である程度落としたら、残っていても気にしないでいいよ。」というスタンス。

ワセリンは一日中つけていても酸化しないし成分がしみ込むことはないので、それくらいは気にしない…という感じみたい。

でも、ちょっとベタベタして気持ち悪いし、洋服にくっついたりしたらどうしたらいいのかしら?

ワセリンを塗る時は少量で塗るのが良いらしいですが、落ちないのはたっぷり多めに塗っているから??

A

べったり塗って、お湯や石鹸だけで落ちにくい場合は、オリーブオイルやベビーオイルなどのサラサラな油でなじませると、落ちやすくなります。

関連質問

ワセリンの落とし方をまとめると

ワセリンはオイルの仲間なので、ワセリンはオイルで落とすのがいいみたい。

クレンジングオイルでもいいし、ケミカルがイヤな場合はオリーブオイルを馴染ませてから水洗いをする。

その後、石けんを使って落とすと、キレイに落ちます。

さらにお風呂や衣類などにワセリンがついてしまったら!!!

↓こちらにまとめましたので読んでみてくださいね。↓

関連質問

スポンサーリンク

 

One Response to “ワセリン 顔や手がベタベタするときの落とし方”

  1. 杉山 葉子 より:

    vuv protect 1500yen を注文したいのですがどうすればよいのですか、amazon でとりあつっかていますか

サブコンテンツ

このページの先頭へ